美味しいカレンの食用レンコン 種蓮根 4,860円

美味しいカレンの食用レンコン

美味しいカレンの食用レンコン 
これぞ完全無農薬!
家庭菜園で美味しいレンコンが楽しめます。食べたい時に食べたい分を収穫できる!
採りたてのレンコンはなかなか食べられません。収穫も長靴を履き、田んぼの泥の中に入って掘るなどという重労働をすることもなく、鉢をひっくり返せば簡単に収穫できます。春に植え付けをして、秋には収穫できます。
冬に向かって休眠期に入りますので、次の春までいつ収穫してもOKです。ご家族で食べるには十分な量が収穫できます。
(※育成状況により、収穫量は変化します。)

是非、美味しいカレンのレンコンを食べてみて下さい。

大きく育てたい方、植え替えをしたい方は、鉢・土がセットになった「大きな鉢栽培セット」を別途ご購入ください。

田んぼでの栽培など、大口のご注文はご相談ください。

商品番号 OF-003
品種名 美味しいカレンの食用レンコン
品種名 販売状態 販売時期 販売価格 送料別
美味しいカレンの食用レンコン 種蓮根(植付け前) 3月~8月 4,500円(税込4,860円)

売り切れました。

食用レンコンを試食してみました。

最初は思いつきでやった鉢植えの食用レンコンでしたが、予想以上にうまくできました。

やはり植物全般に言えることですが、「新しい土で作ればよい作物ができる。」
これは揺るぎない事実です。

田んぼでも畑でも毎年同じ作物を作れば連作障害は必ず大なり小なりおきています。それを補うために堆肥を入れたり耕して空気を入れたりしています。

現実的に田んぼや畑の土を新しい土に入れ替えることはできませんが、鉢に入れた土は入れ替えができます。

新しい土のおかげで完全無農薬栽培で簡単に健全育成できます。

皆さんもぜひ蓮根を自家製家庭菜園で育ててみてください。

美味しいカレンの食用レンコン 美味しいカレンの食用レンコン 美味しいカレンの食用レンコン
実がぎっしり詰まってきれいな色をしています。 蓮田で採れる蓮根よりはるかに色も白くシミもありません。 歯触りも味も良かったです。

食用レンコンの収穫

美味しいカレンの食用レンコン 美味しいカレンの食用レンコン 美味しいカレンの食用レンコン
鉢から茎を掴んで株を抜きます。
食べる分だけ収穫し、また元に戻しておくことも出来ます。
鉢から引き抜いた様子。 黒いレンコンが見えますが、これは植え付けた種レンコンです。
美味しいカレンの食用レンコン 美味しいカレンの食用レンコン 美味しいカレンの食用レンコン
土を洗い落していきます。 大きなレンコンから食べ始めて小さなレンコンを残せば、来シーズンも食べられます。 ご覧のとおり曲がっています。
鉢植えの証です。

ご購入の前にご確認ください!

  • 数に限りがあるため、在庫表示がありましても、ご注文のタイミングによっては「売り切れ」となっている場合もございます。その際は、ご連絡いたします。あらかじめご了承ください。
  • 商品の特性上、写真と色や形が異なる場合があります。ご了承ください。
  • お届け時期により、植物の生長状態は異なります。またそれぞれに個体差がありますので、掲載サイズと異なる場合があります。ご了承ください。
  • 育成状況により出荷時の鉢サイズは異なります。※概ね、7号(径21cm)~10号(径30cm)。
  • お客様の育成状況(日光・温度・水やり・肥料など)により、収穫量は変化します。
  • お電話でのご注文は、聞き違い等によるミスを防ぐため受け付けておりません。
    買い物かご・FAX・e-mailのいずれかでご注文をお願いいたします。
    その他、「ご利用ガイド」をご確認ください。

ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問合せ

栽培方法

適正鉢サイズ 大きなポリポット(鉢)ほど生育も良く、大きな食用レンコンが収穫できます。
出荷時は、7号(径21cm)~10号(径30cm)でお届けします。
※花を楽しむこともできます。
水管理 植え付けから葉が枯れるまで、15cm~20cmで浮き葉が水没しないようにしてください。
5月中旬以降は満水にしてください。
肥料 花ハスと同様、下記を参考にしてください。
立ち葉が出始め、つぼみが付きはじめたら、化学肥料を10号鉢で3g~5gを2週間おきに施します。(9月中旬頃まで)
日照 ハスは太陽が大好きです。
1日6~8時間以上の日照時間が必要です。
収穫が終わったら ハスは耐寒性が強い植物です。冬は水枯れに注意してください。
翌年3月中旬~5月下旬までに植え替えをすれば、また収穫をすることができます。
その他 ※ご不明点は、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはお気軽に! お問い合わせフォーム 畑の現地見学について